消費者金融

消費者金融

昔から消費者金融は(昔はサラ金と呼ばれていましたが)、特に時間的な余裕がない場合には頼りになる金融機関である事が知られています。無担保で保証人なしで融資を受けることが可能である上に、即日融資が中心であるために急な出費が必要となった場合には、一番はじめに頭に浮かぶ金融機関だと言えます。消費者金融からの融資を受けることが出来たおかげで、危機を乗り越えた経験を持つ人も少なくはありません。公的な機関で融資を受けるためには、審査に時間が掛かってしまう為に、消費者金融の存在感は大きなものです。審査の基準が甘くて迅速に融資を受けることが出来る代わりとして、金利が高く設定されていたことも納得した上での利用であったのであれば、トラブルに陥ることもありません。テレビのコマーシャルなどによっての積極的なイメージアップ(タレントの起用、キャッシングという用語の普及)も功を奏して、消費者金融の利用者数は1000万人を超えるまでになりました。しかし現在では消費者金融は、厳しい現状になっています。

 消費者金融は、利息制限法の上限を超えた金利を設定しての貸し付けを長期間にわたって行なっていました。現在では、利息制限法の上限を超えて支払った利息は、過払い金と呼ばれ返還を請求することができます。これを過払い請求と呼んでいます。過払い請求をされて、過払い金を支払うことができなくなった消費者金融が倒産してしまうというケースも増えています。大手であっても例外ではありません。大手の消費者金融の中にも倒産してしまった会社もあります。こういった状況の中で、メガバンクの傘下に入って経営を行うようになった消費者金融が増えています。これを銀行系消費者金融と呼んでいます。

続きを読む(消費者金融(2))

News

  • 2012年12月3日: 当サイト「消費者金融」をリニューアルオープンしました